日常のありがたさ、尊さ。

シアトルは6月に入り、すっかり夏です。

4月の帰国ライブから帰ってきて2ヶ月が経ちました。時間はどんどん進んでいきます。
今は、9月のシアトルライブに向けて、曲作り、その他の準備をやっています。

4月のライブの時、皆さんに「これで一区切り、、」とお話をしました。
そう、、その時はそれで私の想いをお伝えすることができたのかな、、と思っていました。
でも、それは考えてみれば、何か一方的な私のわがままでしかなかったのでは、?と。
4月のライブの前、そしてシアトルに帰ってからも、いくつか、気持ちが踏ん張れないことがありました。
その時は、何かが私の中でプツン、と切れてしまったような、
そんな気持ちになってしまいました。

でも、
あることがきっかけで、”一区切りつけたのだったら、次の一区切りまでまた続けて行けばいいのでは?”と、思うようになりました。
それに気づかせてくれたある女性がいます。彼女に感謝です。
彼女のことはまたいつかの機会にお話しできればと思います。

こうして、もうすでに来年のスケジュールを考え始めています。
次の一区切りまで、また皆さんと会える機会を作りたいと思いました。
今の私をそのまま感じて貰えばいい、そう思えるようになりました。

今こうしていられる自分に感謝して、それぞれに与えられた時間をしっかり刻んでいきたいと思います。

日本の皆さんには、来年またお会いできるように、歌う準備をしておきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください