カテゴリー別アーカイブ: ブログ

シアトル、春の兆し。

3月もそろそろ終わり、去年の今頃は桜が満開だったのですが、今年の冬は長くて未だにお天気がぐずついています。
でも、やっぱり季節は着実に進んでいるのですね!
庭の桜を見ると、花びらがポツンポツンと開花していました。

昨日は午後から太陽も顔を出したので一気に咲き始めましたよ〜。
そして、芝の上には可愛いムスカリ、椿も咲いています。
桜の次はモクレン、蕾もだんだん膨らんできました。
最近、時々小さな野うさぎもやってくるようになりました。イースターも近いことだし!
春から夏は、いっぱい花が咲いて、太陽がサンサンと眩しくて、空はどこまでも真っ青で、
カラッと乾いた空気の中を散歩したり、ドライブしたり、何をするにも快適な季節です。
冬が長いシアトルですが、それがあるからみんなシアトルが好きなんだな〜と思います。
そのシアトル生活も今年の夏で3年。あまり、気負うこともなく、でもどこかでワクワク感を持ってやってきた場所。今では、いつも見ている景色も当たり前になってきた気がします。

こちらでのコンサートも終わって、それをきっかけにたくさんの出会いや、素敵な繋がりをもらいました。今までなかった世界がまた少し広がって、今度は自分自身でその世界を広げて行けたら、と思います。

今度は、5月の東京ライブですよ〜!
一年に一度、また多くの方にお会いできたら嬉しいです。

3.11シアトル合唱祭

シアトルは昨日の夜中にデイライトセービングが始まって、時間が1時間進みました。
少しづつ陽も伸びて春も近いかなと感じます。(でも今年の冬は長くて寒いです)。
昨日、3月11日土曜日は、シアトル合唱祭に参加しました。
2011年の震災を機に、シアトルで活動する3つの合唱団が出会い、繋がり、昨日3月11日に開催された合唱祭です。
昨日は、ゲストとして呼んで頂き、『水曜日のカフェ』と『空のコトバ』をベースの宮田さんと一緒に演奏してきました。
こういうイベントは、海外に暮らす日本人社会の中ではあちこちで行われていたと思います。
離れているから何かしたい、何ができるか、、?という想いを皆んなで繋いで、コーラス、歌を通して、日本に気持ちを届けよう、という意思の元に行われました。
この合唱祭に参加できたこともそうですが、2月のコンサートをきっかけにたくさんの人に出会えたことでまた少し、世界が広がった気がしています。
今いる場所で自分らしくいること、自分がしたいこと、できること、、、
これからまた見つけていきたいと思います。

2/25のコンサートではもう一人、女性のカメラマンが撮影をしてくれました。
ライブ感溢れる、女性目線での写真集、見てくださいね!
https://youtu.be/TJE_WKGBUzE

 

シアトルでの初コンサート

シアトルでの初コンサート、無事に終える事ができました。
計画した当初、いくら素敵で気に入った場所とはいえ、100人以上(Max150)もの席をいっぱいになんてできないのでは、と。かなり無謀な発想、無理なのではないか?でももう走り出した以上、止めるわけにはいかない、しかしシアトルに来てまだ3年も経っていない私自身には、そんなコネクションもある訳でもなし。結局この地で15年以上になる夫の力を大いに借りて、できる限りの集客活動をした結果、コンサート当日、130あった席では足りずに急遽椅子を追加する事になるという本当に嬉しい結果となりました。この日、担当してくれたサウンドエンジニアも、ここ10年やっていてこんなに満員の会場を見たのは初めてだ、と言ってくれました。
この日のセットリストは、私がいつも日本で歌っているオリジナル曲に加えて、カバーを3曲(竹田の子守唄、なごり雪、Amazing Grace)。Amazing Grace以外はもちろん日本語のまま歌いました。会場の8割くらいが日本の方だったと思います。
コンサートを終えて、たくさんの方からメッセージをもらっています。今回、こういう海外という環境に身を置く日本の方達に、私の歌はどういうふうに伝わるのだろう、と。
日本を離れて暮らしていくというのは、楽しいことばかりではなく、不安や、ストレスや、それぞれ見えない何かを心の中に抱えながら、皆さん頑張っているのだと、今回みなさんからのメッセージで改めて実感しました。でも、そんな中で、私の歌を通して、自分自身のルーツ、大切な人、大切な何かを思い起こさせてくれた、そして忘れていた懐かしさを感じた、というのが皆さんからの共通の言葉でした。

歌い終わっていつも感じることですが、こうしてたくさんのメッセージや言葉をもらうことで、力をもらっているのは実は私の方なのだな、という事です。
今回は、結果として多くの方に来ていただきましたが、それは、ここで初めてのコンサートだったから、というのもあると思っています。本当に大事なのは次のコンサートだと感じています。
今回の力を次に向けていきたい、、、そして今、自分がいるこの環境で、自分らしくいる事が一番大事なことなのだと感じています。
次は5月18日、東京でお会いしましょう!
↓ Photos of Kuniko Concert in Seattle from youtube Kuniko Channel
https://youtu.be/3TYM3Gfze2Y

シアトルライブ直前!

2月に入ってシアトルは大雪に見舞われました。5日の夜からどんどん降り始め、翌朝外を見たらもうすっかり雪国の景色。もうこうなるとお手上げ状態、それでも夕方まで雪は降り続き、やっと止んだので柔らかいうちに雪かきをして次の日に備えました。積もったままだと翌日はカチカチに凍ってしまい車が出せません。

そして、先週はライブ会場に下見と打ち合わせに行ってきました。
25日までいよいよあと10日!毎日いろんな準備に追われています。気持ちも少しづつ引き締まってきました!毎回のことですが、いざ歌う瞬間は”素の自分になる”。
歌の中に自身の身を委ねる。今回は、いつもと周りの景色もお客様もちょっと違うかもしれないけれど、私はいつもの私で歌おうと思います。

日本でのライブ準備も少しづつ進めています。
5月18日の東京マンダラのライブは、前回ゲストに来てくれて久々にピアノを弾いてくれた竹田君とビオラの田中景子さんとの三人でお届けします。少しだけ新しい気分で、またどんな感じになるか、こちらもとても楽しみです。

春ももうすぐ、、そこまで来てるかな〜?まだちょっと遠いかな〜?

どちらも、多くの方にお会いできることを願って!

Happy New Year!

皆さん、あけましておめでとうございます!

こちらでは、クリスマスのイルミネーションがまだ近所でチカチカしていますが、
クリスマスが終わってしまうとなんとな〜く物悲しく見えてしまうのは私が日本人だからでしょうか?

日本はクリスマスが終わると一気にお正月モードに切り替わりますよね。
その点、こちらは新年はそれほど盛り上がらずにNew Year’s Dayを迎えるというような雰囲気です。
今年は、もう来月に迫ってきたシアトルライブがあってにわかに落ち着かなくなってきている私ですが、それまで体調管理をしっかりしながらライブに備えていこうと思います。

日本のライブについてはもう少しお時間を頂いてからまたお知らせしますね!

皆さんにとっても新しい年が素晴らしい年でありますように!

★2/25/2017 (Sat.) Kuniko Concert in Seattle
at Good Shepherd Center

Concert Tickets Now On Sale!
Buy tickets for Kuniko Fukushima Concert

My big events in 2016

1初めての味噌作り→とても美味しいお味噌が出来た事
First-time Miso making→Made a great Miso!

2.シアトル一人暮し
First single life in Seattle for 10days.(During my husband went to Japan )

3.手首骨折、手術 Broke my wrist and had surgery.
ギブスで飛行機に乗ったことが辛かった〜

4.帰国ライブ Live concert in Tokyo after surgery.
ライブ当日はもうギブスが取れて良かったです。

5.父のお墓参り Visited my father’s grave in Okayama.
生まれた故郷です。あんまり来れなくて父よごめんね。

6.尾道京都旅行 Trip to Onomichi and Kyoto.
尾道は静かだけどとても風情があって素敵でした。

7.フリーウェイ走行32マイルまで伸ばせた事
Expanded my driving range to 32miles on freeway.
約50キロです。往復1時間半くらいのフリーウェイも走れるようになりました!(奇跡!)

8.2度目のポルトガル旅行 Second trip to Portuguese.
本当に大好きなポルトガル。今年はゆっくり廻って来ました、また行くよ〜

9.10年のグリーンカード更新 Renewed 10-year’s green card.
これで10年は安心。でも10年後は?まだわからないね。

10.ボランティア活動を通じて友達を作れた事
Made some good friends through volunteer activity.
これは本当に嬉しいこと。やっぱり人との繋がりって一番楽しくて大切だと思う。

今年もたくさんの方々に”ありがとう!”

そして、、、来年もよろしくお願いいたします。
I wish you a Merry Christmas and a Happy New Year !

邦子    

12/24/2016

大江千里さん!

昨日11月19日は、2年前にシアトルに来てすぐに参加させてもらったMusical Bridge Concertがあって、たくさんのパフォーマンスを見て来ました。
去年は原田真二さん、フォーライフ時代にタイムスリップしたかのような再会でした。

そして今年は、今NY在住でジャズピアニストとして活躍されている大江千里さんがメインゲストでした。
日本ではもちろんお会いしたことはなかった大江さんですが、こうしてシアトルにいる事でお会いできました!
ジャズピアニストとしての演奏を初めて聴かせてもらいました。
日本の曲も含めて、楽しく、時にはファンキーで、繊細で、、、
大江さんの演奏は聴く人の心を解放して、元気にしてくれるような、大江さんの素敵なお人柄がそのまま感じられるような、そんなライブでした。
終わった後、ご挨拶をさせていただきました。なんと大江さんも過去にポプコンに出られたことがあるとか、、そんなことは全然知らなかった私ですが、今度はNYで大江さんのライブを聴いてみたいな〜!やっぱり来年は久しぶりにNYに行きた〜い!
img_1953img_1954

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★2/25/2017 (Sat.) Kuniko Concert in Seattle
at Good Shepherd Center(Fourth Floor)

Concert Tickets Now On Sale!
Buy tickets for Kuniko Fukushima Concert

2度目のポルトガル

11月も終盤、アメリカはホリデーシーズンに入り、来週のサンクスギビング、12月のクリスマスへ向けて一年で一番活気付く季節です。
シアトルはすっかり雨の季節、時々顔を出してくれる太陽のありがたいこと!

さて、一昨年、初めて訪れたポルトガル、すっかり気に入ってしまい、2年ぶりに行ってきました。どうしても、もう一度行きたかった場所、そして今回初めて訪れた町(村、と言ったほうがいいかも?)、今回も10日間レンタカーでゆっくり周ってきました。
車で走っているとたくさんの古いお城が山の頂上に見えてきます。
本当にあちこちにたくさんのお城があります。その昔、どれだけ栄えたんだろう、、と思わせるほどのお城や、凝った建物の数々。
そして、前回も感じた事だけどポルトガルの人は皆、本当に親切で優しい人が多いです。
車を止めてカーナビで場所を探していたら、おじさんがわざわざ車をバックしてきて”どうしたの?”って言ってポルトガル語で教えてくれたり(しかしこれがわからない!もっとポルトガル語勉強して来るんだった!)。
スーパーで、ワインのボトルを棚の下に転がしてしまったら、近くにいたお兄さんがすぐさま寝っ転がってボトルを取ってくれたり。
泊まったb&bのホスト達も本当に皆さん感じが良くて親切。一度も嫌な目にあうこともなく旅行することができました。
毎日お天気も最高!どこまでも真っ青な空、漆喰の白い壁、オレンジ色の屋根を毎日見ながら過ごしていましたよ。
旅行が終わる頃、もうすでに、次はいつ来ようかな〜?などと思ってしまうポルトガル。
今度はもっとポルトガル語を覚えて来ないとね!

img_1559

img_1566
img_1861
img_1941

 
★2/25/2017 (Sat.) Kuniko Concert in Seattle
at Good Shepherd Center(Fourth Floor)
Concert Tickets Now On Sale!
Buy tickets for Kuniko Fukushima Concert

 

Carole King Musical

今日は久しぶりのミュージカル。
『Beautiful 〜 The Carole King Musical』
シアトルで19日から30日まで公演中。

“So Far Away”から始まり、最後の”Beautiful”まで、、、
ミュージカルにありがちなオーバーな歌い方ではなくとても自然で、
でも主役の女優さんの個性が出ていて、ほんと素晴らしかった!

16歳のキャロルキングからLAで活躍するまでのストーリー。
最後、ピアノを弾きながらの”Beautiful”は堂々としていてキャロルキングがそのままのり移ったような。
でもさすがブロードウェイの女優さんだなと思うのは、
歌は決してキャロルキングの真似ではなくて彼女の歌として素晴らしく、
聴いていると青春時代のあの頃ががふと蘇ってきます。

特に劇中の”It’s Too Late”と”You’ve Got a Friend”はとても自然で、素直で、、、
胸が熱くなってしまった! 自然な言葉、メロディー、、
ほんとキャロルキングという人は素敵な曲をたくさん書いています。

“The Locomotion”や”Oh! Carol”はコーラス隊が楽しませてくれるし。
ミュージカルとライブの両方を同時に楽しめた感じです。

カーテンコールの”I Feel The Earth Move”が今もグルグル〜♪

大好きな歌や音楽は、理屈なしで心に響きます。癒されます。
誰に強要されることもなく、自然に心からしみじみといいなぁと思えます。

このミュージカルは本場NYのブロードウェイでも今月から再演されています。

来週は、私のライブのフライヤーが届きます!

img_1433

最近ハマっています!

アメリカにいても家の中は日本語だし、コンピューターも日本語環境。
で、外に出るとやっぱり英語なのでやっぱり日本語のものを求めてしまう。
というわけで、近所の図書館で偶然見つけたジブリのDVD。
他に何かないかなと探してもこれといったのがなくて、仕方なく借りてきたような、、、
でも、この一枚のDVDが、今になって私をジブリの世界にどんどん引き込んでしまうきっかけになったのですね。

その時借りたのは確か『思い出のマーニー』という作品だったと思う。
(これ、結構新しい作品でしたね)
それ以来立て続けに今まで8本の作品を見ました。

千と千尋の神隠し、隣のトトロ、借りぐらしのアリエッティ、風立ちぬ、もののけ姫、魔女の宅急便、コクリコ坂から。
ジブリ、、と聞いて、私は一本もちゃんと見たことがないのに、お子様向けのアニメだよね、なんて思っていました。
それがそれが、単に楽しいだけのアニメストーリーではなく、物語の中にある切ない想い、時には悲しみ、また時には胸がキュンとなるほどの愛おしさなどがあって、それぞれの作品に作った人のあったかい心が描かれているんですね。
そして一枚一枚描かれているという絵も素晴らしい! 
トトロの中に出てくる景色もなんとも懐かしく、魔女のキキが暮らす街並みがまた美しいこと!

そんなジブリの作品を見るようになってから、宮崎監督のインタビューを見たり、スタジオジブリをそのまま描いたドキュメンタリー『夢と狂気の王国』も見ました。
まだまだ見てない作品もたくさんあって、こちらで見られるものも限られてくるけどもっと見たいと思います。
子供達の未来への想い、平和への想い、家族への想い、人間としての愛、、
ジブリの映画にはそんな想いがたくさん込められているように思います。
テーマソングもグッときますね〜。ユーミンの『飛行機雲』も泣けました。

さて、、忙しかった夏も終わりで、秋のシアトルはそろそろ紅葉も始まっています。
秋もいろいろと忙しくなりそうな気配です。
img_1390